令和3年度(2021年) インテリアプランナー設計製図試験の設計課題が発表されました。JIPATでは類似施設見学会を行う予定です。受験対策の準備として重要な見学会になりますので是非ご参加ください。

■令和3年度インテリアプランナー試験 設計製図試験の設計課題
設計課題名 『 ワークスペースのインテリア 』
(1)計画目的
都市部の環境の良い敷地にあるビルを改修して、多様な業種のビジネスマンの様々な働き方に対応できる開放的なワークスペースのインテリアを計画する。
(2)建築物の概要
構造、階数・・・・・鉄筋コンクリート造4階建て
>>> 詳細はこちらから
(建築技術教育普及センターのHP http://www.jaeic.or.jp/shiken/ip/ip-seizu-kadai.html)

■参考施設見学会
※8月中旬に開催予定 (詳細は7月のHPにて告知いたします)
コロナ禍において働き方が変わり、テレワークや在宅勤務、ワーケーションと様々な形態が生まれました。
今年度の課題も世情を反映して働き方から生まれたワークスペースをどのように理解してどのように活用出来るかを問う課題となっております。JIPAT教育普及委員会では的確な参考施設を調査し、分析資料を作成の上、受講者と共に見学しながら勉強会を行う予定です。
参加人数は10名を予定しておりますので定員になり次第締め切らせていただきます。

<参考施設見学会にご参加するにあたり、以下ご留意ください>
新型コロナウイルス感染の影響下、
事態の推移により中止や内容に変更が生じることもございますのでご了承ください。
参考施設見学会に際しましては、コロナウイルス感染防止対策を講じて実施する予定です。
新型コロナウイルス感染症の疑いのある方は参加を自粛していただくようお願いします。

■インテリアプランナー受験対策セミナー
※8月9日(月) より申し込み受付を開始いたします。(詳細は7月のHPにて告知いたします)
受験対策セミナーについては6月9日の記事もご覧ください。 http://jipat.gr.jp/?p=2863

一般社団法人東京インテリアプランナー協会(JIPAT)
教育普及委員会