一般社団法人 東京インテリアプランナー協会

東京インテリアプランナー協会[JIPAT]は、1995年にインテリアプランナー資格者団体として設立され、2014年4月に「一般社団法人東京インテリアプランナー協会」となりました。会は、正会員、AIP会員、一般会員、法人会員、学生会員で構成されており、正会員から評議員・理事が選出されます。その理事の中から、会長・副会長、専務理事が選ばれ、理事とともに中心となって運営しています。

発足以来、委員会活動を中心に活発な活動が行われておりますが、その実績と成果は広く多方面から注目されています。また、プランナー協会の全国組織である一般社団法人日本インテリアプランナー協会[JIPA]の中心的役割も担っており、活動は全国にも広がっています。

*一般社団法人日本インテリアプランナー協会[JIPA]について
1998年に、各地域で活動しているインテリアプランナー協会の連携を図るための全国組織として、日本インテリアプランナー協議会[JIPA]が共通の理念に基づいて発足し、2010年7月「一般社団法人日本インテリアプランナー協会」となりました。

 

■JIPATは、次のような目標を掲げています。

「人間の生活に密着するインテリア空間とインテリアエレメントを主な対象とするインテリアプランニングに関する知識の普及と啓発を行う。専門資格者インテリアプランナーの資質の向上と、社会的地位の確立、並びに会員相互の親睦と交流をはかり、社会と文化の発展に寄与する。」

激動する社会の中で、生活空間・活動空間としてのインテリアのあり方を考えることはますます重要になってきています。そのインテリアを担うスペシャリストの団体としてJIPATは、社会に発言し、貢献していくための活動団体を目指しています。

 

主な事業と活動

・インテリアプランナーの社会的地位を確立するための事業
・インテリアプランナーの育成および教育
・インテリアプランナー相互の親睦・交流をはかるための事業
・インテリアプランニングに関する情報の収集と提供、機関誌等の発行
・研修会・講演会・見学会・展示会等の開催
・内外諸機関や他地域協会との交流
・インテリアの総合的・専門的な調査・研究
・インテリアプランニングの総合的・専門的な調査・研究
・企画・計画・監理に対する支援及び指導・助言
・業務基準等の整備
・知的財産権の確立とその保全
・インテリアプランニングに関する知識と技術の普及・啓蒙、及び講師等の派遣
・その他、この会の目的を達成するために必要な事業

 

協会定款

協会定款 平成27年改定 PDF

 

決算公告

平成28年度 決算公告 PDF
平成27年度 決算公告 PDF