~ 意匠法改正を機会に知的財産権の活用を考える ~

国際委員会が主催するサロン・ド・IPのお知らせです。
意匠法改正を機会に知的財産権などについて学ぶセミナーです。
デザインに関わる仕事もグローバルな視点が必要とされています。
昨年、経済産業省と特許庁から「デザイン経営」宣言が発表されました。そのプロジェクトチームの
チーム長であった木本直美氏を講師にお招きしてデザイン経営について、意匠法について、
他国の意匠制度との比較を交えて解説していただきます。また、新たに建築や内装のデザインを
保護対象とする意匠法改正や、国際的制度としてハーグ協定についても触れます。

■講師紹介

木本 直美氏:鈴榮特許総合事務所 理事/弁理士(商標意匠部)
・平成3年特許庁入庁。
・平成11年米国サンノゼ州立大学デザイン学部にて客員研究員
・平成20年審査業務意匠課意匠制度企画室を経て
総務部総務課工業所有権制度改正審議室室長補佐として意匠法改正を担当
・平成20年から経済産業省にて文化情報関連産業戦略調整官として
日本のコンテンツの海外展開や電子書籍について担当。
・平成30年デザイン経営プロジェクトチームチーム長

■開催日時:2019年 7月 23日(火曜日) 18:30 ~(受付:18:00)
終了後交流会を予定しております。

■会場:東京デザインセンター5階 crafTecギャラリー
東京都品川区東五反田5-25-19

■参加費:JIPAT会員・ビジター 1,000円  学生500円
(懇親会費用を含みます。)

■定員:50名(申込先着順)

■申込方法:下記よりお申し込みいただけます。
>> お申込はこちら

■申込締切:2019年 7月 16日(火) ※締切延長中(7/23 12:00まで)

>>> 詳しくはこちらをご覧ください