インテリアプランナーを受験される方へ

インテリアプランナーとは?

インテリアプランナーとは、昭和62年に創設されたインテリアプランナー制度によって認定されるインテリア業務の専門家を言います。

そのインテリアプランナー制度は、「住宅・オフィス・ホテル・商業施設等に関わる、ユーザーのインテリアに対する多様な要求に対応した、総合的な質の高いインテリアを実現」する専門家を認定するために、旧建設省によって創設されたものです。
この資格制度は、建築物等のインテリア設計・監理等に携わる技術者の知識及び技能の向上を図ることに重点が置かれています。従って、家具・ウインドトリートメント・カーペットなどのインテリアの専門であることの知識はもとより、建築法規・消防法・構造・設備など、建築等に関わる基本的知識を持ち備えた人たちに与えられる資格です。

よく並び称されるインテリア専門家の資格として、インテリアコーディネーター制度があります。
その制度は、住宅の施主や住宅メーカー・インテリア関連産業界などから、ライフスタイルに合わせて快適な住環境をつくりあげる専門知識を備えている専門職を求める声が高まったこと、そして、住宅関連商品の流通・販売過程において、消費者に対し商品選択・インテリアの総合的構成などについて、適切な助言を行える専門家を認定するために、昭和59年に旧通産省によって創設されました。
つまり、インテリアコーディネーターは、基本的にインテリア関連物品の流通・販売のための専門家としてインテリアプランナーと区別されています。

このページのトップへ