JIPAT NEWS

連続イベント ショールームへ行ってみよう「第2回 Anonimo Design & FLACE」の報告

|  協会からのお知らせ |  JIPAT NEWS  |  法人会員 NEWS  | 

9月17日、第2回目の「ショールームへ行ってみよう」が行われました。
あいにくの雨とここのところの天候不順で参加予定12名のうち、
5名の方が急きょ来られなくなりましたが、飛び入り参加が1名あり、
合計8名でのショールーム訪問となりました。

Anonimo Designは、9月16日にショールームをお披露目したばかり。
真新しいショールームにお邪魔しました。
やや控えめなビルの2階、ドアの向こうには一度は使ってみたいファブリックや
壁装材が美しく展示されていました。
なかでも皆が一番興味を持ったのは、60cm角のセラミックに革が張られた床用タイル。
参加者からは矢継ぎ早に質問がされ、黒沢氏はそれににこやかに答えていらっしゃいました。

続いてお邪魔したのはFLACE。
昨年、九段下のビルの7階と9階にショールームを開かれました。
7階では、THONETやPIIROINENの椅子のほかにオリジナルの椅子も展示されています。
また、9階にはCORの椅子や照明器具、インターリュプケの棚も展示されています。
ここでも、椅子のクッションやすわり心地、オリジナル製品開発に対するこだわりなど、
熱い質疑が交わされました。

そして、そのままショールームをお借りして軽く懇親会を行いました。
当初は残暑払いの予定でしたが、残暑もすっかりどこかにいってしまい・・・・ですが、
喉がうるおってくると、皆さんの熱気で熱い懇親会となりました。

Anonimo Designの黒澤さん、FLACEの高久さん、お世話になりました。
さらには、懇親会の準備と会場をお貸しくださったFLACEの高久さん、
ありがとうございました。
(文責 羽沢)

 

150921_01

(2015年09月22日)

このページのトップへ