JIPAT NEWS

【レポート】東北復興支援バスの旅

|  協会からのお知らせ |  JIPAT NEWS  |  法人会員 NEWS  | 

■開催事業名 東北復興支援バスの旅

■開催日時 2013年11月8日-9日

■開催場所 福島県會津若松市・いわき市

■内容

場所:福島県會津若松市・いわき市

時間:8:00東京駅丸の内集合13:00會津若松市18:00向瀧旅館
/13:30いわき市薄磯16:30六角堂21:00東京駅解散

講師:いわき市語り部・鈴木勝子様

参加:最終参加者12名(定員25名募集)

その他:
東北復興支援のため、事業委員会WG2と協賛してバス車内にて宮城県の震災状況をレクチャー。

概要:

2011年3月11日の大震災から2年半が経過しましたが、大地震・大津波・原発崩壊の三重苦で茨城・福島・宮城沿岸を含めて、遅々として具体的な復興が見えてきておりません。そこで今年度のツアーは、単純明快に東北の復興を支援するツアーにしまして、僅かでも東北に支援出来ればとの思いです。建築・インテリアの興味をそそる會津若松の古建築と、いわきの復興された現代建築を観て、語り部から震災時の生々しい惨状と、依然として復興の兆しが見えない現状を拝聴する企画としました。

1會津若松氏の螺旋構造のさざえ堂・街中の楽市楽座老舗店舗の見学

2會津若松・東山温泉(奈良時代からの温泉)の木造建築老舗旅館「向瀧」に宿泊し古建築を見学

3東北・宮城県震災の状況報告(事業委員会)といわき市語り部の鈴木勝子様からの震災現状を拝聴

tohoku4  tohoku1

tohoku3  tohoku2
tohoku6  tohoku5

(2014年02月26日)

このページのトップへ