JIPAT NEWS

【レポート】「巨匠 イサム・ノグチ 魂の原点」松井監督講演会が開催されました。

|  協会からのお知らせ |  JIPAT NEWS  |  法人会員 NEWS  | 

去る7月16日(金)、建築家会館ホールにて、国際委員会主催によるサロン・ド・IP 松井久子監督 講演会「巨匠 イサム・ノグチ 魂の原点」が開催され、大盛況のうちに終了いたしました。第一部はサロン・ド・IP初の映画会からお招きした松井久子監督の日米合作映画「レオニ―」の製作にまつわるお話と、第二部のイサム・ノグチに若くして出会い、最後の遺作『モエレ沼公園』の完成までを担い、本映画製作にも尽力された川村純一氏とのトークセッションという魅力ある構成で、場内は多いに盛り上がりました。

前日にLAより帰国されたという監督は、「同じクリエイターとして、皆さんの前でお話できることがとても嬉しい」と松井監督スマイルで講演を始められました。

【第一部】

松井久子監督の講演では、シナリオ作りから資金集め、製作スタッフやキャスティングのこと。監督としてのリーダーシップ。クリエイター同士の才能が呼応する共同作業の歓び。もうひとつの映画製作の目的とイサム・ノグチの原点についてなどなど、「決して、あきらめない精神」で貫いた約7年間の完成までのストーリーを、悲喜こもごものエピソードを交えて伺いました。

【第二部】

松井久子監督×川村純一氏トークセッションでは、川村夫妻との交流で絶大な理解と応援に支えられたこと、川村氏の明かす、松井監督のパワ―への敬意、イサム・ノグチの母の伝記をつくる夢があったこと、彫刻家としてのイサム・ノグチへの畏敬の念について、思い出を振り返りながら感慨深く、熱弁されました。

講演終了後に行われた松井監督の著書「ターニングポイント~『折り梅』100万人をつむいだ出会い」のサイン会には参加者の列が続き、真夏の夜は一層、感動の熱気に包まれました。

                                             国際委員会 粕谷


*「レオニー」広報にご協力をいただいた法人、個人の皆さま


「講演会後も引き続き、暖かいご支援とご協力を賜り、心より御礼を申し上げます。また公開日から、多くの方々に劇場にお運びいただけますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

                           松井久子監督をはじめレオニー事務局の皆さんより



 ■参考

*マイレオニーブログにJIPAT講演会のレポートが掲載されています。
 http://blog.myleonie.com/?eid=978682


*映画「レオニー」は2010年11月20日劇場公開(角川映画配給)
 本映画に興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。

『レオニー』公式サイト http://leoniethemovie.com

『レオニー』上映館は、こちらのページでご確認いただけます。
 http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/leonie/theater.shtml
『レオニー』twitter http://twitter.com/myleonie
 Youtube特設チャンネル http://www.youtube.com/user/LeonieFilm


 ◆2006年から更新中!『レオニー』製作の道のりと最新情報はこちらです
 └─→ マイレオニーブログ  http://blog.myleonie.com
 └─→ マイレオニーホームページ http://www.myleonie.com

 

(2010年11月17日)

このページのトップへ